トップ画像
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
廃墟への旅@友が島
2011-10-09 Sun 14:22
※まだ読まれていない方は先に廃墟への旅 はじめにをご一読お願いします!

ネイル記事を差し置いて、廃墟記事の第二弾ですww
ネイル記事はカテゴリからどうぞ♪



難波駅から南海電車で南下した先にある加太(かだ)から定期便が出ている友が島に行ったのは

一年前の10月のことでした。


淡路島の東、大阪湾を遮るように位置している無人島です。

無人島って意外と近くにあったりするものなんですね。

明治~第二次世界大戦までは要塞施設として利用されていたので

砲台等の軍事施設跡が多く見られるのですが、

60年以上前の施設とは思えない程、良好な状態で残されています!

もっとも、第二次世界大戦時は航空戦が主となっていたので、

友が島の対戦艦用砲台は使用されることなく終戦を迎えたとか…(wiki調べ)

SMAPの中居くんが鬼ごっこしたり、ヘキサゴンが合宿したりしていたようですww

個人的には擬似ラピュタ体験をしたい方にもオススメな島ですww

CIMG2306.jpg
船の定期便が出ている加太。ここから10分程歩いて船着場に行くのですが
駅がもう既にいい感じにノスタルジックです…!

CIMG2207.jpg
しばしクルージングを楽しんだのち、島に到着!
秋晴れの気持ちいい日はアウトドアで訪れる人も結構いました。

CIMG2212.jpg
船着場の近くには売店なんかもあったり。旅館として機能しているのかどうかは謎ですが。

CIMG2216.jpg
別荘のような建物もあったり。こちらも廃墟のようです。

CIMG2215.jpg
無人島とはいえ元軍事要塞施設ですから、道はあります。

<第二砲台跡>
CIMG2223.jpg
船着場から一番近い第二砲台跡。
ここだけは終戦後に意図的に爆破されています。

CIMG2227.jpg
こんな感じに。


~廃墟はひとやすみ。笑~


CIMG2244.jpg
どんどん上へと登っていくと、綺麗な灯台が。
これなんと、明治初期に立てられたというから驚き!現役と聞いてさらに驚き!!

CIMG2246.jpg
航空保安無線施設もあったり。関空に使われているそう。

<旧海軍聴音所跡>

CIMG2264.jpg
水中のソナーで敵艦の音などを察知、発見する為の施設だったそう。

CIMG2257.jpg

CIMG2258.jpg

CIMG2259.jpg
ここから海を監視していたんでしょうか?
高台なのでとても見晴らしがいいです。

CIMG2263.jpg
…トイ…レ?

CIMG2260.jpg
このテーブルいつからあるのww

<第三砲台跡>

CIMG2270.jpg
ここからスーパーラピュタタイム!!

CIMG2271.jpg
懐中電灯必携です!!なぜなら…

CIMG2272.jpg
いきなりこんなんですからっ!!!

CIMG2276.jpg
道を抜けた先には…

CIMG2277.jpg
思わず息を呑む不思議な空間が…。

CIMG2280.jpg
この丸いのが砲台跡。
一枚目の写真のようにこのような空間がいくつも続いています。

CIMG2283.jpg
すごく…

CIMG2286.jpg
ラピュタじゃないですか…?

CIMG2290.jpg
こちらは第三砲台跡のすぐ近くにある将校宿舎跡。

CIMG2289.jpg
中はさすがに荒れています…。



ここでタイムアウト!

かなり早起きして来たのですが、全部の砲台跡を回るには時間が足りませんでした!

それぞれの場所が結構離れている上に高低差もあるので

女性の足では一日に全部回りきるのは至難の業かも…。


自然に呑まれていく軍事施設が、終戦からの長い年月を物語ると同時に

その施設があまりに良好な状態で残っているが故に、

戦中の時代は間違いなく現代に直結しているのだと、

当たり前だけれど、戦後生まれには実感しにくい事実を感じることができました。

歴史もさることながら第三砲台の空間の美しさには

本当に息を呑むものがあります!是非実際に目で見て体で感じてほしいです!


見きれなかった場所もいくつか残っているので、

またいつか訪れることができたらいいなと思います。

友が島、どうもおじゃまいたしました♪
旅・冒険レポ | コメント:0 | トラックバック:0
廃墟への旅 @屋島(香川県)編
2011-09-18 Sun 20:50
※まだ読まれていない方は先に廃墟への旅 はじめにをご一読お願いします!

屋島へは友人から情報を得て、数人で日帰り旅行してきました!

高松駅から電車とバスで簡単に行ける距離の屋島は

平安時代の源氏と平氏の戦いの舞台として、

以前は観光客で賑わっていたそうです。

でもって、現在はゴーストタウンの世界トップ20内に入る・・・

・・・らしい。

まぁ、でも、なにはともあれ

yasima1.jpg

まずはうどんでしょうww

じゃこ天と、甘エビのかき揚げもうま~!!

香川って本当うどんの街ですよね・・・

サッカーチームの名前が「カマタマーレ」だったのには

流石に驚きを隠せなかったですww


さて、屋島に向かいまーす!!

CIMG2478.jpg

琴電こと高松琴平電気鉄道の駅へ!

高松ですが早くもノスタルジックな雰囲気が・・・

琴電は100周年を迎えるらしく、

キャラクターの「ことちゃん」がいろんなところでアピってます!

CIMG2520.jpg

やばい・・・かわいい///

CIMG2518.jpg

グッズも販売しています。

私の一番のお気に入りは↑のどんぶりですが、¥2000って・・・!!!

た・・・か・・・ww


さて、無人駅を降りたら正面に・・・

yasima2.jpg
屋島っ!!

ここからは¥100のシャトルバスに乗って山頂に向かいます!

写真はないですが、到着した場所は他にも車でいっぱい!

観光客もそこそこいらっしゃって、

「どこがゴーストタウンやねんww」と思わずにはいられない感じでしたが

とりあえず、看板の不自然に文字が消してある方向へ進むww

そして歩くこと十数分、ようやく発見!!

CIMG2484.jpg

今はもう使われていない屋島ケーブルの屋島山上駅です。

個性的な外観はとてもオシャレ!!

窓がいろんな高さで配置されていますが、

上の方の構造はいったいどういう風になっているんでしょうか・・・?

CIMG2487.jpg

正面入り口のドア越しに中を覗いてみると、

結構きれいな状態のまま残されているのがわかります。

「屋島ケーブル」の書体や扇風機が時代を感じさせますね・・・

CIMG2485.jpg

すぐ近くには手荷物預かり所も。

山頂のお寺や水族館まではそこそこ距離もあるので

こういうサービスはありがたいですね。

たぶん多くの人がコインロッカー代わりに利用したんやろなぁ。


さて、駅を離れて歩いていくと・・・

CIMG2512.jpg

今度は廃旅館を発見。

入り口はガラス張りの自動ドア。

ツタが絡まったりライトが落ちたりしてはいますが

作り自体は結構新しそうな感じです。

CIMG2516.jpg

ガラス越しに中を覗くと結構な荒れっぷり・・・外観は結構綺麗なのに。

屋島は修学旅行スポットだったらしいので

この旅館にも沢山の学生さんが宿泊したんやろなぁ。

CIMG2517.jpg

ロビーの隣のフロアにはゲームコーナーが。

これ絶対夜中に忍び込んでゲームしようとした修学旅行生おるやろーww

吊り下げ式の照明がなんだか懐かしいですね。



そんなこんなでバスで下山。

8月の暑い真夏日の一日でした。


そして帰りにキオスクでこんなお土産を発見・・・

yasima3.jpg

香川ほんっと歪みねぇwww

今度はうどん食べ歩きツアーにでも行きたいなぁww

水族館のショーウィンドウのディスプレイが激しくカオスだったり

客席の横の冷蔵庫から堂々と冷凍食品取り出すカフェがあったり

ツッコミどころ満載だけどステキな街でしたww

どうもおじゃまいたしました~!
旅・冒険レポ | コメント:0 | トラックバック:0
廃墟への旅(1) はじめに
2011-09-18 Sun 17:47
突然ネイルと全然関係ない記事でーすww

というのも、ここ一年程なぜか、狙った訳でもないのに

旅行先で廃墟に出会う、

もしくは廃墟を見に出かける機会にたまたま恵まれる事が多く

写真も沢山集まってきたので、

せっかくですし「廃墟シリーズ」として記事を書いてみようかなと思いまして・・・


廃墟に持つイメージは人それぞれだと思いますが、私の場合は

その場所だけ時間が止まっているような、

そんな不思議な雰囲気を醸し出している建物を見ると

とても心が静かになります。

昔ながらの姿を留めている建築物が、現役で活躍していた当時の事を思うと

多くの人の記憶にこの建物での思い出が残されているんだろうな、と

とても感慨深い気持ちにさせられます。

必要として建てられ、不必要になり廃墟と化す、

その間に交錯したであろう人々の様々な感情が感じられるような気がして・・・

自分が知りえなかった時代の文化を間接的に感じられるという点にも

とても興味深く思います。

同時に、風や雨等により少しずつ崩れ、自然に返っていく様子を見て

自然の力をまざまざと感じさせられます。


これ以上語るとちょっと引かれそうな気もするので

前置きはここでストップww

事前にお知らせしておきたい事をいくつか・・・


(1)「苦手そう・・・」と思われる方は閲覧をお控えください
   あまりショッキングな写真はないとは思いますが、
   感じ方は人それぞれなので・・・
   万一気分を損ねられても責任は負いかねます。

(2)一つの「記録」としての記事ですので
   そこに何らかの思想等が関与することはありません。
   もちろん建築物に対して何か(落書き・破壊等)行う事はございません。

(3)記事に書かれている情報は、旅行当時のものなので
   今現在、変更されている可能性もあります。
   詳細等ご質問いただいても返答しかねますのでご了承ください。


・・・なんて書き出してみると、なんだか大層な感じがしますが

一応誤解を招くことのないように、ということで。

普通に旅行レポのようなものですので、ご安心をば!


では、のんびりとお付き合いいただけたらと思います♪
旅・冒険レポ | コメント:0 | トラックバック:0
| flying icecream |
| flying icecream |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。